中古車の中でも新古車を選ぶことで原価を下げて行きましょう。

gt-ford-1812937_640

中古車を選ぶ時は、車検があってメンテナンスが行き届いている、新古車狙いが良いですね。
ディーラーに置いている中古車であれば、相当な汚い車は置いていないし、言ってしまえば確実に良い車しかないと思っても、間違いはないです。
何故かと言うと、危ない車を売却して故障した場合に、自分の会社が負担することが多くなるので、展示出来ないような新古車は売りに出してしまうのです。
だから、売りに出している車の多くは、良い車だと断言することが出来ます。

ディーラーは、大抵は新車を扱っているので、新車に近い車でないと扱わないと思っているのです。
当たり前のことですが、ディーラーには試乗車というものがあり、その車をそのまま買い取り出来るサービスもあるのです。
新しい車が150万円する車の場合、新古車になると100万円~120万円まで値下がりすることが多くあります。
車の減価償却で一番高い部分は、新車で乗ってから1年の部分が一番値段が高い部分になります。
値段が高い部分が、少し乗っただけで50万円の割引になれば、それほど美味しい買い方はないでしょう。
もし、車を買うなら新古車で展示品を狙うのが一番賢い買い方だと思いますね。
ナンバー登録していて、車検が1年以上残っていれば、確実にお得な買い物になります。
新車の慣らしの部分を試乗で慣らしているのですから、エンジンもキレイし良く動くと思います。

ディーラーだけではなく、中古車販売店も覗くとその車の値段の相場も分かるので、中古車の値段の付け方を聞くともっとお得に買うことが出来ます。
無駄にお金を支払う部分を、極力少なくして行きましょう。